団体名:
 
 団体名 江別書人集団
 代表者 小川 弘人(弘舟)
 連絡担当者 山田 浩(静山)
 住所 江別市
 TEL/FAX TEL011-382-0793 FAX011-382-0793 
 MAIL 
 HP/BLOG 
 設立年月 1996年4月
 会則(規約、定款)の有無 有
 設立趣旨/活動内容 江別市における書道界は、昭和30~40年代にかけて最も盛んで書道人口も多かったようで、当時を振り返るに北海道教育大学(道師範)関係者が中心で青沼秀鳳先生、藤根星洲先生、金丸悟舟先生、さわらび会の松本春子先生、内山玲子先生そして篆刻の越坂柳徳先生、市内にあっては久野鶴舟先生をはじめ各書道教室・公民館活動等で上記の先生方が頻繁に来江指導され、地元の書道レベル向上にご尽力を賜りました。
 その後、地元でもある久野鶴舟先生、田頭象峰先生の門下でもありました海老名蓬鶴先生(王子書道クラブ)により江別書道連盟としてまとめていただきました。
 その後、江別市教育委員会を退職された井上朴人先生のご尽力により、漢字・かな・近代詩文・篆刻そして墨象等々の分野では会することのない各部門の方々と一同にということで、他市には例がないと言われる「江別書人集団」の設立に至っております。。
 本集団は、江別市に在住する書人および集団の目的に賛同する者をもって組織し、会員の相互親睦を図り書道の振興に寄与することを目的としています。
 主な活動(事業)としては、江別市民書道展および会員書道展の開催、会報の発行おび書道振興のための諸事業の開催などです。

 団体のPR 本会は設立21年目、初代の井上朴人会長から加賀一石会長、森山天涯会長と続き、一昨年からは小川弘舟会長という江別市文化協会に関わり深い連携を持ったリーダーのもとに活動を展開。
 各7団体の代表者等は下記のとおり(会場等はそれぞれ)
〇一石会(加賀 一石) 〇たまゆら会(加葉田 緋佐子/かな) 〇ぬばたま会(田中 陸子/かな) 〇大麻書道倶楽部(佐藤 枯葉/漢字) 〇珪雪会(山崎 珪雪/漢字) 〇清風クラブ(千葉 清雲/漢字) 〇向ヶ丘書道部(松江 光夏/漢字)
 活動対象地域 江別市
 NPO法人格取得年月 
 会員数 50名
 入会金/年会費 年会費1200円
 会員の募集 募集中。筆字をと思っている方、是非ご一報を!
 会報の有無 有
 

// EMC // 教育 / 生涯学習 / 文化 / 市民活動 // 自治会 // 江別 //
情報館 閲覧回数: 本日  昨日  累計  頁 since 2001/09/01
情報館 訪問者数: 本日  昨日  累計  人 since 2015/02/12