江別演劇鑑賞会 北海道 江別市野幌町76-1 TEL 011-383-3222
 
 

江別演劇鑑賞会からのお知らせ

お知らせ
12345
2017/10/10

もうすぐ船出!

Tweet ThisSend to Facebook | by うえの
江別演劇鑑賞会 創立30周年記念 特別例会
東京芸術座「蟹工船」がもうすぐ江別にやってきます!
 
あらすじ
昭和のはじめのころ―
食いつめて”自分を売る”より仕方がなくなった男たちが函館の港に集まってきた。博光丸はボロ船で、カムサッサの荒海でメリメリと音を立てて鳴っている。漁夫、雑夫たちは重労働と粗悪な飯で身体を悪くした。何人もの漁夫がこの北の海で死んだ。「このままでは殺される」・・
大時化の時も出漁の命令が下される。彼らはおっかなびっくりだったが、サボが始まった。そして遂に、自分たちの力でストライキを起こし”要求”を突き出した。しかし、待っていたのは味方と思っていた帝国海軍による弾圧と逮捕であった。
だが、会社と軍隊の正体を知った彼らは「ん、もう一回だ!」
彼らは立ち上がった―もう一度。

今回は特別例会としての取り組みですので、会員以外の方にも
席を出しています。
チケットは一般前売りで3,000円(当日3,500円)
学生・高校生1,500円 中・小学生1,000円(学生、小・中・高生は当日も同じ)
市民会館、市内公民館、どもⅳ、演鑑事務所、市民活動センターであいで好評発売中。
全席自由席。☆えんかんの会員は手帳で入場します。
もう二度と北海道では観られない舞台です。
日本演劇の金字塔といわれる「蟹工船」をぜひ、ご覧ください。


13:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/07/20

みすてられないために!

Tweet ThisSend to Facebook | by うえの
7月例会「みすてられた島」はいかがでしたか?
3連休の初日で、市内各所で夏のイベントが行われている中での
例会は、参加率がいつもより低かった!
でも、舞台は好評でした。ある島が、本土から独立を言い渡され、島の憲法も
作らなければならず、島長宅に集まってきたのは島民の6人?たった6人で
島の未来が決まる?島の観光は、もし、戦争をしかけられたら、軍備は、住民は、
島民が増えたら働き口は、などなど問題山積。
この舞台は、実際にあった史実に想を得て創られましたが、沖縄の問題や、
鉄路が消える?北海道のことなど、そこに住む人間が巨大なものとどう向き合って
いくのか・・、今の私達にも通じる話で、考えさせられました。
青年劇場の皆さんの熱演も光り、6月に来ていただいた、代表の福島さんのお話が
重なって、良い舞台を観ることができました。

搬入終了後、楽屋でお茶をいただく。立場が
逆転?島長さんを囲んで、独立会議?(笑)

お通しメニュー
ザンギ、ラーメンサラダ、一夜漬け
おにぎり、チラシ寿司、果物
ペットボトル飲料

お通しは劇団の皆さんに喜んでいただきました。

開場前に運営サークルと劇団の顔合わせ



青年劇場さんは、2010年の「シャッター通り商店街」
以来、7年ぶりにお迎えしました。
運営サークルに対する応対が温かく一緒に運営して
いることを実感しました。
次回はもう少し会員を増やしてお迎えしたいです。
11:48 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/07/13

「みすてられた島」北海道公演スタート!

Tweet ThisSend to Facebook | by うえの
7月例会 青年劇場公演「みすてられた島」が
いよいよ今日から北海道公演が始まります。
今日・明日が旭川、土曜日が江別、来週月曜日が函館、19日ラストが釧路。
未来の戦争後、ある島が独立騒動に巻き込まれていく
お話です。劇安トラッシュマスターズ主宰の中津留章仁さん作・演出。
中津留さんは、40代の若い劇作家ですが、常に社会の出来事と向き合い
今、日本の演劇界で注目されています。青年劇場の制作の福島さんと
中津留さんがタッグを組んで創られた話題作。
15日は、江別市民会館で六時半から。
入会もお待ちしています。
お問い合わせ 江別えんかん ☎383-3222
12:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/05/31

青少年を招待します!

Tweet ThisSend to Facebook | by うえの
7月例会「みすてられた島」(青年劇場)では、
年1回の青少年例会です。良質の舞台を若い人に観てもらいたい
と1年に一度、無料で招待しています。(対象は中・高・大学生)
観劇申し込みは江別えんかん☎383-3222まで
メールでも受け付けします。e-mail  e.enkan@gmail.com
1945年のポツダム宣言時、日本の施政権を本州、北海道、九州および四国に絞る方向が出されていた。翌1946年1月下旬米軍から伊豆大島の元村村長に日本から切り離される旨が伝えられたため、尊重を中心に島の独立が準備され、憲法草案が作られる。3月上旬には草案がほぼ出来上がっていたが、同22日m伊豆諸島を再び日本本土に復帰させる行政分離解除が発令され、かくして大島の独立および「大島憲法」は幻となった。
この実際にあった話を基に創られた作品が「みすてられた島」です。
舞台の設定は近未来の20XX年。戦後のある島の独立話をめぐっての騒動を
通して、政治に翻弄されるのはいつも庶民であることを、今演劇界で注目の
中津留章仁の作・演出でお贈りします。

15:58 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/05/22

いとしのベイビ~!

Tweet ThisSend to Facebook | by うえの

5月15日、加藤健一事務所「Be My Baby~いとしのベイビー~」の
例会が行われました!
たった6人のキャストなのに、加藤忍さんが八役、粟野さんが九役を
熱演。セットには車がついていて、場面ごとに動き、あきさせない
演出でした。ラストの驚愕のハッピーエンドに、観客もハッピーに
なったのではないでしょうか。
終演後はロビー交流会が行われ、全キャストがそろいました。

開演前にロビーに来てくれました。8役の加藤忍さんと加藤義宗さん(加藤健一さんの
実の息子さん)ちなみに忍さんは娘さんではありません!

お通し
お赤飯、五目、さつま芋いり抹茶風味の三種おにぎり
からあげ、ラーメンサラダ、山菜料理、生春巻き、
ザンギ、卵焼き、飲み物

開場前の記念写真(運営サークルの特権です!)



ロビー交流会!たくさんの会員が参加。
全キャストが出てくださいました!
北海道公演は、江別がラスト。
この後静岡を巡演。
次はどんな作品を持ってきてくれるかな。
14:35 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/03/03

BeMyBaby

Tweet ThisSend to Facebook | by うえの
5月例会 加藤健一事務所公演「BeMyBaby」は、
60年代のポップスに乗せて贈る、楽しい舞台です。
今回は、公演のスタッフTシャツも販売しますが、
事前購入販売も受け付け中。
このTシャツを着て、盛り上がりませんか?

サイズは、SからXLまで。色は黒のみ。

一枚1,800円

 


16:25 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/03/01

あなたの飛行機はどこ?

Tweet ThisSend to Facebook | by うえの
2月例会、青年座「見よ、飛行機の高く飛べるを」が終了しました。
まず、舞台を観たら圧倒されたのではないでしょうか。
洋風建築の寄宿舎内部が見事に再現されていました。そのセットの中で
繰り広げられる、先生を目指した優秀な乙女たちの夢や、悩み、そして友情が
描かれていきます。今のような自由にものがいえる時代と異なり、学校の(国の)
婦女子教育方針が重くのしかかります。
市川房枝さんが実際に仲間を集め、おこしたストライキ。校長先生に直談判しようと
した事実をもとに、その市川さんと共に行動を起こし、回覧雑誌「バードウィメン」も
作成した、作者永井愛さんの祖母も若かりし姿で登場しました。
3時間という時間を感じさせない、見ごたえのある舞台でした。
ラスト、初江と延ぶが別々の道を歩み、それぞれの心に見える飛行機を追っていく姿は
圧巻で、感動でした。

開演前に劇団と運営サークルの顔合わせ

運営サークル作製のお通し


ロビーで準備中


運営サークルの打ち合わせ中です


劇中登場した稲荷寿司は、会員さんの
お通しの中から使ったそうです!

まとめの会です。感想を皆で語り合う。
いろんな感想が出ました!

この舞台は、若手中心の舞台.
でも旅公演は大変だと思います。体に気をつけて、
また別の作品でお会いしたいです。
14:25 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/02/03

第29回定期総会

Tweet ThisSend to Facebook | by うえの
江別演劇鑑賞会の第29回 定期総会を
開催します。

日時:2月5日(日曜日)13時
会場:野幌公民館研修5号室
ゲスト*嶋田みどりさん(東京芸術座・制作)
江別演劇鑑賞会・創立30周年記念 特別例会「蟹工船」を語る
総会は、会員ならどなたでも参加できます。
ご来場をお待ちしています。
12:35 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/01/12

女子だって飛ぶ!

Tweet ThisSend to Facebook | by うえの
遅ればせながら、新年おめでとうございます。今年もよろしくお願い
いたします。1月10日は、今年はじめの例会、青年座「見よ、飛行機の
高く飛べるを」の運営サークル会議でした。
このタイトルには、深い意味があるんですよ。
時代は明治。当時の女性は、統制された女子教育の真っただ中で、自分の考えも
自由に表わすことができませんでした。新聞さえも読むことが許されない時代。
もちろん婦人参政権なんて、ずっと後の話。
その婦人参政権運動に奔走した、ある女性がこの時代に少女時代を送っていました。
それが、あの市川房枝さん。この物語は、市川房枝さんも在籍した、岡崎の女子師範
学校を舞台に、少女たちの夢と挫折を描いた名作です。

運営会議の模様

公演の都度、青年座の若手女優が出演する舞台として
上演され続けてきた作品。
この機会に、えんかんに入会しませんか?
「見よ、飛行機の高く飛べるを」
日時 2月23日(木)開演18時30分

会場 江別市民会館大ホール

お問い合わせ 電話383-3222 江別えんかん


19:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/12/20

銀の滴

Tweet ThisSend to Facebook | by うえの
12月11日、「銀の滴降る降るまわりに」が終わりました。
旭川の連隊が、大勢沖縄で戦死している事実。そして沖縄の人々が
犠牲になり、差別も受け、今もそれは続いている。
舞台は、敗戦間近い沖縄で、炊事兵としての使命を果たそうとする
若い兵士たちの姿と、大和ンチュウに家を奪われ、納屋で暮らす老夫婦の
交流を軸に絵がかれています。
現地徴用の中里には、子供が生まれる。しかし、戦局の悪化で、子供の顔も
見に行くことができない。
アイヌの富田には妹から時折手紙が来る。その手紙だけが彼の救いだった。
米軍の攻撃が始まり、食べ物はなくなっていく。そして・・・。
戦争の悲劇、そして同じ日本人なのに等級をつけられる差別。
観る者に様々な思いを残してくれた舞台でした。佐々木愛さんのオバァが
出てくると、本当のオバァの様でした。

当日は、フリマーケットが開催中で
私達は3時までロビーが使えなかったのですが
劇団の皆さんは、フリマがめずらしくてお買いものを
してしました。制作の国広さんは、100円でこのバッグを
ゲット。買い物上手!


開演前に出演者の皆さんがロビーに出てきてくれました~
若い役者さんが多い!
運営サークルの皆は大感激!

お通しメニュー

O運営委員作
銀の滴のイメージ
幻想な感じが出てました。


文化座の皆さんは、冬の公演が多い。
でも今回は、12月初めなので大丈夫かな~と
思っていたら、札幌の大雪!この時期として29年ぶり
の大雪になりました。今はその雪も解け気味なのに。
本当にありがとうございました!
また、文化座さんをお迎えしたいですね。
15:25 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345

// EMC // 教育 / 生涯学習 / 文化 / 市民活動 // 自治会 // 江別 //
情報館 閲覧回数: 本日  昨日  累計  頁 since 2001/09/01
情報館 訪問者数: 本日  昨日  累計  人 since 2015/02/12