江別市文化協会
創立50周年記念
 

特定非営利活動法人 江別市文化協会


2017/09/01

短詩型三部門交流大会

Tweet ThisSend to Facebook | by ほんま
江別市文化協会に加盟する川柳・短歌・俳句の各団体の会員が、それぞれ違う部門作品をつくり合う「短詩型三部門交流大会」が8月27日、野幌公民館で開かれ、約70人が参加した。今年の兼題は「波」。川柳と俳句は各2点、短歌は1点の応募が可能で、川柳は85点、短歌は49点、俳句は93点の応募があった。

◇川柳 ▽天位賞 この波長来世もきっと巡り合う 折原博美▽地位賞 大波も小波も一輪挿しの中 福栄知舟▽人位賞 波の音ゆっくり馴染む旅枕 島田英子▽講師賞 波の上モーゼになって駆け抜ける 落合魯忠、玩具箱ひっくり返した大津波 平野珠美

◇短歌 ▽天位賞 一瞬の衝撃波とも熱波とも人の命の藻屑のごとし 丸山英柳▽地位賞 じわじわと進む原発再稼働忘れたのかよあの大津波 平田暢夫▽人位賞 原発に背を向け母が稲を苅る夕日に溺れ穂波に溺れ 夢箒楽捺十▽講師賞 高波のしぶきひとつを描ききる北斎よ今何を画きしや 小寺柳子、波路越え来しこの老を大海に夢を追いかけいざこぎださん 二川原登

◇俳句 ▽天位賞 八月や波打ち際の異国文字 加藤民子▽地位賞 夏怒濤縄文太鼓打ち鳴らす 落合魯忠▽人位賞 秋澄むや波打ち際のさくら貝 嶋口幸美▽講師賞 歩き初む波音を背に児の一歩 平田妙子、電磁波に撮らるる五臓秋湿り 加藤あや子 

14:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

// EMC // 教育 / 生涯学習 / 文化 / 市民活動 // 自治会 // 江別 //
情報館 閲覧回数: 本日  昨日  累計  頁 since 2001/09/01
情報館 訪問者数: 本日  昨日  累計  人 since 2015/02/12