EMC 市民活動 : https://shimin.ebetsu.org/248952since 2018.06.15
江別市文化協会
 
江別市文化協会
 

団体名:江別書人集団

代表者:山田 浩(連絡担当者)

会 長:小川弘人

指導者:以下のサークル事情によります。
設立年(月):1996年4月

活動趣旨/内容
    :絵文字:晴れ江別における書道界は、昭和30年代〜40年代にかけてが最も盛んで書道人口も多かっ

      たようで、当時を振り返るに北海道教育大学(道師範)関係者が中心で青沼秀鳳先生、
      藤根星洲先生、金丸悟舟先生、さわらび会の松本春子先生、内山玲子先生、そして篆刻の
      越坂柳徳先生、市内にあっては久野鶴舟先生
をはじめ各書道教室・公民館活動で上記の先
      生方が頻繁に来江指導され、地元の書道レベル向上にご尽力を賜りました。
       その後、地元でもある久野鶴舟先生、田頭象峰先生の門下でもありました海老名蓬鶴
      (王子書道クラブ)先生により江別書道連盟としてまとめていただきました。

     絵文字:晴れその後、江別市教育委員会を退職された井上朴人先生の悟尽力により、漢字・かな・近代
      詩文・篆刻等々の各分野では会することのない各部門の方々と一同にということで、他市
      には例がないと言われる「江別書人集団」の設立に至っております。
     
絵文字:晴れ本集団は、江別市に在住する書人および集団の目的に賛同する者をもって組織し、会員の
      相互親睦を図り書道の振興に寄与することを目的としており、現在は「漢字(4サークルと
      個人)」、「かな(2サークル)」、「篆刻(個人)」の所属構成状態にあります。
     
       主な活動(事業)としては、江別市民書道展および会員書道展の開催、会報の発行および
      書道振興のための緒事業の開催などです。


活動のPR: 
絵文字:晴れ本集団は設立時の初代 井上朴人会長から加賀一石会長そして森山天涯会長と続き、現在                        (2013〜)は小川弘舟会長という江別市文化協会に関わり深い連携を持ったリーダーの
       も
とに活動を展開しています。

       絵文字:晴れ150名余(無所属とも12サークル)の会員数も50名を割る現在、作品数も減少
       傾向の会員展、市民展ながらまさに集団一丸となって運営に努めており、会員展では昨年               から、団体所属の児童教室作品展も試み、書に接する機会の拡大を図っています。
       
絵文字:晴れ所属の各サークル及び個人それぞれの分野で指導者がおりますのでご相談に応じます。
       賛同いただける方、ぜひご入会のほど。
 

活 動 日:

活 動 場 所:

会 員 数:47人。(男 2割 女2割 / 6サークルおよび個人) ・・・2019年11月現在

会員の募集:募集中! 会費として1会員〜1,200円

備   考:会報発行しています。


 
江別書人集団
一件も該当記事はありません。