EMC 市民活動 : https://shimin.ebetsu.org/303251since 2018.06.15
江別市民文化祭
 
江別市文化協会
 
団体名:江別子ども劇場(えべつこどもげきじょう

代表者:川守田 阿津子(かわもりたあつこ

指導者:活動により、担当会員が指導に当たる。

設立年:1977年2月

活動趣旨:優れた児童文化に接しながら、子どもたちの友情と自主性、創造性を育み、豊かな人間
     性を培うことを目的とします。

活動内容:① 年3~4回、舞台劇・人形劇・音楽などの生の舞台を親子で鑑賞 します。

                  ② 子どもたちが生き生きとできるキャンプやスキー・子ども まつり・子ども文化祭など
      の自主的な活動をします。

活動のPR:① 舞台鑑賞は全国のプロの団体を鑑賞することで、子どもたちの豊かな心を育み、親子
                     のふれあいを深めます。
      ② 子どもの為に、自分たちでやりたい事を企画し、実施します。
      「演劇クラブ」、「おはなしくまさん」(お話し会)、「おはなしクッキング」、
      「流しソーメン」、「ひなまつり会」など。

活動日:①一年に数回の舞台鑑賞

              ②演劇クラブは、基本第2、4土曜日
              ③事務所は月曜日 13:00~17:00 水曜日 10:00~14:00 開所します
              ④その他、事業のある日

活動場所:江別市全域

会員数:68人。

会員の募集:

備考:絵文字:晴れ入会要件:会の趣旨に賛同する人は、いつでもどなたでも入会できます。

           絵文字:晴れ入会方法:所定の入会申込み書に記入の上、入会金と会費を添えて事務所まで
    <事務所 011-383-9661 >
           絵文字:晴れメールアドレス ebetukogeki@yahoo.co.jp でも受け付けています。
経費:絵文字:星入会金 (一人)100円 (初回は、入会金と二ヶ月分の会費が必要)
   絵文字:星会 費 (一人 月額 1,000円)
                  絵文字:晴れ後くもり 3才以下は無料  
会報発行:隔月発行 
  

 
江別子ども劇場 >> 記事詳細

2020/11/13

11/26(木)「砂影じじいの昔話」

Tweet ThisSend to Facebook | by 子劇スタッフ
  『砂影じじいの昔話』(ホケキョ影絵芝居)
     11月26日(木) 18:30開演(18:00開場)
       野幌公民館 ホール

ガラス板の上に砂をまいて、それで絵を作りながら、お話を展開します。
   その様子を上部からビデオで撮って、同時にプロジェクターで幕に映します。


      「私、ガラスの机、パラパラ砂まくよ。
    それで絵作て昔話する。それ上からビデオ撮て、
    プロジクタで幕に映すよ。ハイテクあるよ。
    お金かかてる。砂の絵、ゆくりできるし、
    さとできるし。でも消えるの、あと言う間。
    皆さんうわ言うよ。言わない人、いるけど。ありがと。」



子ども劇場は会員制です。例会当日でも入会できます。
スムーズな手続きのために前もって連絡頂くか、
開場時間前にお越しください。
入会金100円、会費月額一人1000円(4才~大人)

新型コロナウイルス感染防止のため、座席間隔を十分にとる、
演者と客席の距離を取る、手指の消毒、会場の消毒、
会場の換気などの対策を取ります。
来場前に、自宅で体温を確認し、マスクをしてお越しください。

入会申し込み・お問い合わせは、江別子ども劇場(383-9661)へ!
09:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)